改正著作権法で改正された点とは

改正著作権法

改正著作権法で改正された点とは

2010年1月に著作権法が見直しされたのをご存知ですか?法が変わり、違法配信している着うたサイトだけが有罪となるのではなく、その利用者も違法ダウンロードとして有罪と見なされるようになりました。これからの時代、着うたを利用する際にはダウンロードして使う側にも責任が圧し掛かってくることになります。
音楽配信サービスを利用する上で著作権法について基本的なことを把握しておく必要がありそうですね。
但し、改正著作権法の狙いとしては、違法配信をなくすことはもちろんですが、違法ダウンロードを減らすことも目的としています。そのため、違法ダウンロードに関しての罰則は具体的には決められていない状態です。有罪であっても処罰を受けることはないと判断できます。
実際に2010年1月に改正法が発案されてからも違法ダウンロードで逮捕された事例はまだありません。そうはいってもあまりにも常習的に違法ダウンロードを繰り返していれば処罰の対象となるでしょう。この改正法のおかげで、以前より違法着うた配信を行っているサイトは激減しました。それでもまだ違法配信サイトは存在します。その多くはレンタル掲示板を使用しているもので、あまり目立たないものばかりです。中高生なら罪の意識もなく利用してしまう可能性もなきにしもあらずです。違法配信サイトを利用されている方は、違法であることを分かっていてダウンロードされている方ばかりだと思います。確信犯として違法ダウンロードを続けている方がいらっしゃれば、あまり甘く考えない方が良いと思います。
こちらを読まれている方でしたら心配ないとは思いますが、間違っても違法サイトにだけは近寄らないようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ