着うた系の定番となりそうな「Juliet」

着うた系の定番となりそうな「Juliet」

いかにも、着うた世代にマッチしそうなユニット「Juliet」。“ヒミツ 〜キミのそばに居るために〜”というタイトルがランキングしていました。メイクやファッションは、女の子が憧れるキラキラ系です。

 

歌詞は、「せつない」「色んな恋」「キミと一緒に」といったキーワード。PVには、スマートフォン、ケータイが、キーポイントで必ず登場します。
楽曲の方は、『可もなく不可もなし』という感じ。しかし、ムード。というのが、とても重要だと思うのですよ。

 

ハイトーンが出るとか、楽器が上手いとか、やたら美人、スタイルが良い。みたいな部分で評価するのではなく、「ケータイ+着うた」世代に受け入れられるムード。
その点で「Juliet」は、モバイル音楽界の今後を期待できるユニットです。

 

特に米国では、ダンスが上手いとか、マライア・キャリーみたいなハイトーンが出るとか無ければ、メジャーデビューしてヒットチャートに上がるなど考えにくいことですが、別にそれをマネする必要もありませんよね。

 

ガラパゴスだとか、日本だけとか、鎖国とか言われようとも、そのエリアで支持されるなら、全然問題ないはずです。ほかの国の音楽市場では考えられないことをやる。それが良いところではないでしょうか。

 

春シーズン向けに“サクラブ”、水着の季節には“ナツラブ ”とシングルを出していますから、今後もクリスマス、お正月、ハロウィーン、七五三など、イベントソングが期待されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ